学校の教科書を使うの?参考書を使うの?教材をチェックしよう!

分かりやすい参考書を使う

塾によってそれぞれですが、教科書よりも分かりやすく、詳しく載っている参考書を使う事が多いのではないでしょうか。また一つの塾と言っても通っている生徒さんの中には、違う学校から通っていたり、学校によって取り扱っている教科書や授業の進み具合が違う可能性もある為、教科書を使う事はあまりないようです。 そして参考書を使うもう一つの理由として、一つの科目でも分かりにくい場所は人それぞれです。そういった個人のつまずきにも、分かりやすく納得いく解説が参考書には書かれている為、苦手な科目でもしっかり身に付ける事が出来ます。塾は、苦手を克服する為に繰り返し問題を解く事が多く、同じ問題を解いていると理解より先に答えを覚えてしまう可能性もあるので、参考書などで違う問題を出して理解度を図る方法をとる塾もあります。

教科書や参考書、塾で作成したプリントを使う事もある

生徒さんの中には、教科書の問題で分かりにくい場所を聞くために使用する事もあります。また、一緒の学校の生徒さんでクラス分けをしたり、テストも無事に終わり、苦手を克服したうえで予習として教科書を使う事もあります。そして、教科書や参考書とは別に、塾ならではのプリントを塾で作成する場合もあります。教科書や参考書から抜き取った問題や、引っ掛かりやすい問題、苦手な項目を重点的に克服出来るように問題集を作成します。人によって引っ掛かる問題や項目も違うため、個人に合わせた問題を用意している事もあります。学年別で授業をしたり、苦手な科目が一緒の生徒さんでクラス分けをしたり、工夫をしながら時と場合によって教科書や参考書、オリジナルのプリントを用いている塾もあります。